機動戦士ガンダムSEED CE73−STARGAZER−
TOP
NEWS
MAIN STAFF
STORY
MECHANICS
CHARACTER
PRODUCTS
MECHANICS

DSSD 深宇宙探査開発機構
GSX-401FW スターゲイザー
GSX-401FW スターゲイザー GSX-401FW スターゲイザー
GSX401FWスターゲイザーは、DSSD(深宇宙探査開発機構)が独自に開発したモビルスーツである。地球連合、プラントの双方に対して中立の地位を保ってきたDSSDは、火星以遠軌道宙域の探査・開発を目的に、非戦闘用モビルスーツとしてこの機体を開発した。最大の特徴は、ヴォワチュール・リュミエールと呼ばれる惑星間推進システムの搭載と、高度な自律性を備えたことにより高い水準での無人運用が可能となったことである。本機およびその運用支援システムは「Guider UNmanned Deployment Autonomic Manipulation(無人・自律運用展開教導機)」と総称される。頭文字をつなげた略称は、「GUNDAM」である。
背部に装備されたヴォワチュール・リュミエールは惑星間スラスターであり、広大な太陽系宙域への進出を目的に開発されたスターゲイザーが単独で惑星間空間を航行できるよう搭載された、画期的な推進システムである。フランス語で「光り輝ける運び手」と名付けられた通り、本システムは可変アーム機構によって自在に変形するリング状構造体から、鮮烈な発光現象をともなう高Gの推力を長時間発生させることができる。

UT-1D シビリアンアストレイ DSSDカスタム
UT-1D シビリアンアストレイ DSSDカスタム UT-1D シビリアンアストレイ DSSDカスタム

 シビリアンアストレイ DSSDカスタムは、深宇宙探査開発機構DSSDが保有するモビルスーツだ。宇宙空間での作業活動のほか、自衛用戦力への転用も可能な本機は、その型式名である「UT」、すなわちユーティリティが示すように、多目的型の民生機である。DSSDはこの機体を、前大戦時、連合によるモルゲンレーテ社接収を逃れたオーブ技術者たちとジャンク屋ギルドの協力を得て調達した。その開発ベースとなった機体はモルゲンレーテのプロトタイプ・モビルスーツMBF-Pシリーズと、宇宙専用機M1Aアストレイだ。
 DSSDの仕様要求に合わせて高精度化された光学センサーを搭載した頭部は、微細デブリとの衝突を防止する特殊バイザーを装着し、特異な外観を持つ。またV型アンテナは、シンプルな統合アンテナシステムに換装された。スラスター群もよりきめ細かな推力調整が可能なタイプとなり、M1A譲りの高AMBAC追随性と合わせて、繊細かつ応答性の高い機動性能を発揮する。特徴的な背部中央のスラスターは、ヴォワチュール・リュミエールの先駆型となる電磁推進システムである。


INDEX
©創通・サンライズ
注意:内容および画像の転載はお断りいたします。作品に関するお問い合わせはこちらまで
SUNRISE
DSSD ファントムペイン ザフト INDEX